【未来年表】中小企業経営者・個人事業主の方、遂にやってきました。

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは週刊現代の記事の抜粋をして行きます。良くメモを取りましょう。

世界中の人が誰も体感した事がない状態が日本に起きます。本気で自分の収入、未来を考えてみて下さい。ではシェアして行きますね。皆さんも大切な人にシェアしてあげて下さい。

「’92年に205万人だった18歳人口は、’09年から数年は120万人前後が続く『踊り場』の状態にありましたが、2018年頃(121万人)から大きく減り始める見込みです。

’24年には106万人となり、’32年には100万人を割ると見られています。こうなると、私立大学は当然のこととして、国立大学にも潰れるところが出てくるようになる。

つまり、国立大学が潰れると言うのはもはや予測ではなく確定である。

2020年には女性の過半数が50歳以上になる、という事実からもわかる通り、そもそも、子供を産める女性が少なくなっていくのです。

2021年には、「団塊ジュニア世代」が50歳に差し掛かるが、この頃から介護離職が増え始める。親の介護の為に仕事が出来なくなる。

介護スタッフが減り対応も難しくなる。

2022年には、’47年生まれを筆頭とする「団塊の世代」が75歳=後期高齢者に突入。さらにその3年後、2025年には、ついに団塊の世代全員が75歳以上となり、後期高齢者の人口全体に占める割合は18%にも達する。医療機関不足

「’15年の東京圏(東京、千葉、神奈川、埼玉)の後期高齢者は397万人ですが、それが’25年には、175万人増えて572万人となる。これは確実な話。当然病院を利用する人数も激増する。東京圏の’15年の通院者は292万人でしたが、同じ割合で通院すれば、’25年にはこれがおよそ4割増えて約420万人になる。

高齢者の自己負担は増える。

資産家の高齢者の誘拐事件が頻発する一方で、万引きなどの軽犯罪で逮捕される高齢者が続出する。これが「認知症社会」の現実だ。

’15年現在、認知症高齢者の人数は525万人だが、内閣府の作成した『高齢社会白書』によれば、2025年には、65歳以上の5人に1人、約730万人が認知症になると推計されている。さらに、認知症の一歩手前の「予備軍」段階を合わせると、日本人の1割以上、1300万人にもなるとされる。

「東京圏(東京・千葉・神奈川・埼玉)の’15年段階での要介護認定は91万人です。人口に対する要介護の比率が同じだとすると、’25年には、これが132万人となる。
現状でさえ、要介護認定91万人に対して、介護老人保健施設や特養など介護保険施設は19万6000人定員で、どう考えても足りていない状態。今後はこれがもっと不足する可能性がある。危機的な状況です。

2027年24時間営業のコンビニが消える

2020年以降人件費の高騰で人手不足なのに人を雇えない会社が続出する。また、親の介護の為に働けない人口も激増する。中小、個人事業はお客がいるのに売れない環境下の中、倒産を余儀無くされる。

他の角度から日本のライフをみる。少子高齢化だから起きること

2018
減築などが進まない場合、空き家率が17%に上昇
国民健康保険の運営を市町村から都道府県へ移管

2019
総世帯数がピークに。5307万世帯

2020
東京で第32回夏季オリンピック、第16回パラリンピック開催
労働力人口が6495万に減少、うち65歳以上が11.4%
東京都の人口が1336万人でピークに

2021
電子決済手段の取扱金額規模が91.3兆円に拡大
4Kテレビの保有世帯数が2000万世帯に拡大

2022
この年までに日本の喫煙率が12%になる(2010年は男性32.2%、女性8.4%、全体19.5%)
現実世界を補完、代替する3D仮想世界サービスが普及する
人が密集しても混雑を感じない無線通信技術が実用化する(2020-22年)

2023
日本の65歳以上人口が30%を超える
国と地方の借金が1297兆円に達する
賃貸住宅の空室率が、全国平均で30%まで悪化する(現状は同19%)
一度の充電で1週間以上動作する携帯パソコンが実用化する

2024
がん治療に有効な放射線治療と評価方法が実現する
18歳人口の減少で大学受験者が106万人に減る
国内でオフィスワーカーの仕事の8割を遠隔勤務にできるシステムが実用化する

2025
日本の高齢化率が30.3%に。団塊の世代が全て75歳以上に。
国民医療費が61兆円に(2015年45兆円)
会社員一人当たりの保険料が年収の約3割へ

2026 日本の人口が1億2000万人を下まわる
国内14万の橋梁のうち、47%が寿命を迎える

あなたの収入は確保出来そうですか?これはたった7年の年表です。

起きる現象を書く人は沢山いますが、少なくても僕はこの現状と対策をourboatでレクチャーしています。

引用:週刊現代
引用:博報堂
引用:野村総研

小野和彦

経営者と社員の収入を増やす経営意匠プランナー。

大学卒業後、株式会社ゼンショー(すき家)に新卒二期生、すき家がまだ8店舗しかない時に入社。

店長、エリアマネジャー、ブロック長、スーパーバイザーを歴任して人事教育部マネジャーとして若干20歳代で営業全店舗の人事、教育、研修センター責任者として公開直近まで仕事した。

最終役職は店舗管理部部長

退職後1994年に有限会社リトルライオンを設立した。

現在まで1700店舗以上の経営サポートを行い。同時に20,000人以上の店舗従業員の教育を行っている。

高速道路のSA,PAの店舗、鉄道会社の飲食店舗、道の駅、公的機関の店舗、大手チェーンから月商10万円程度の経営サポートまで行っている。

これから生き残る店舗づくりのサポートを主眼に経営者、社員の収入を増やす事を一番にした経営意匠づくりをする経営意匠プランナーとして現在も需要が拡大中。

経営意匠の勉強会+実践の場としてリトルライオンが主催する「明日の店舗経営研究会’(アスケン)の講師も努める。

興味のある方は繋がって頂ければ幸いです。

最新コンテンツであるコミュニケーションの学びとお金をつくる事をするourboatを構築する。一気に「豊か」を楽しみながら得るかつてない斬新なエデュケーションプログラム主催。

世界中旅して絵を書いてみたい。ブランド立ち上げたい。将来キラキラした人生を送りたいと本気と思う人と過ごしてみたい。なんか素敵な物を売ってみたい。健康研究家になる。生まれてきて会うべき人と逢いたい。関わってくれる人にスマイルメイクしたい。

ourboatトップエデュケーションプログラム
http://www.link-biz.net

FaceBookやっているので気軽に「オノカズブログ見たよ!」とコメントして友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/kazuhiko.ono1

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

    【PR】 高級車を波乗りのように乗り換えていくサービス『Surf Car』。誰もが憧れる高級車(ベンツやBMW、フェラーリなど)を初期費用0、月々5万〜で新車に乗ることが可能です。 https://goo.gl/1QPFzn 3年毎に車を交換するので、車検費用が0で3年毎に新車に乗り換えられる画期的なサービス。 勿論更新費用は0。月々の負担額を変えることなく、新車に乗り続けられるので、『最初の3年はベンツのセダン▶︎次の3年はBMWのオープンカー』というような夢のカーライフが送れます! 【Surf CarのPOINT】 1:初期費用なし。 2:憧れの高級車の新車に乗れる。<月々費用もサラリーマンが手が届く範囲 4:車検費用の負担なし 5:経営者は経費に組み込むことが可能 6:3年毎にお好みの新車に変えられる。 https://goo.gl/1QPFzn    
コメントの入力は終了しました。