初のドイツ旅行。ゲーテ博物館とゲーテの生家に行ってきた。そして、、

シェアする

ゲーテの名言集とか知っててもゲーテが何者かを知っている人は少ない

僕も最近複数の仕事を持てって言ってますがウィキペディアを見てみると驚きです。これだけの肩書きがあれば何者か分からないはずです。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe[1]、1749年8月28日 – 1832年3月22日)は、ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者(色彩論、形態学、生物学、地質学、自然哲学、汎神論)、政治家、法律家。ドイツを代表する文豪であり、小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』、叙事詩『ヘルマンとドロテーア』、詩劇『ファウスト』など広い分野で重要な作品を残した。

その文学活動は大きく3期に分けられる。初期のゲーテはヘルダーに教えを受けたシュトゥルム・ウント・ドラングの代表的詩人であり、25歳のときに出版した『若きウェルテルの悩み』でヨーロッパ中にその文名を轟かせた。

その後ヴァイマル公国の宮廷顧問(その後枢密顧問官・政務長官つまり宰相も務めた)となりしばらく公務に没頭するが、シュタイン夫人との恋愛やイタリアへの旅行などを経て古代の調和的な美に目覚めていき、『エグモント』『ヘルマンとドロテーア』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』などを執筆、シラーとともにドイツ文学における古典主義時代を築いていく。

シラーの死を経た晩年も創作意欲は衰えず、公務や自然科学研究を続けながら『親和力』『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』『西東詩集』など円熟した作品を成した。

大作『ファウスト』は20代から死の直前まで書き継がれたライフ・ワークである。ほかに旅行記『イタリア紀行(英語版)』、自伝『詩と真実』や、自然科学者として「植物変態論」『色彩論』などの著作を残している。

裕福な家庭に生まれて父親が教育熱心だった事もあって子供の頃から色々な事が出来る要素は学べている人。頭も非常によかったと思う。

後はどんな偉人もそうだが「出逢った人」が素晴らしい。出逢うべくして出逢っているのかも知れません。

僕がゲーテ博物館と生家を訪れて感じた事

最初の印象は家が大きいと思った事。ゲーテの生家と博物館は併設してあって中も繋がっています。ドイツ中部フランクフルト・アム・マインの裕福な家庭にヨハン・ヴォルフガング・ゲーテとして生まれた彼は大学を出て役所に務める希望はあったが務められずに弁護士の資格を取って弁護士事務所を作って、その傍、創作活動をして行ったようです。

ゲーテハウスの前で

一緒に行ったourboatメンバーのかわきたくん

一緒に行ったourboatメンバーのぴーのりさん

中に飾ってある絵や家具がすごく素敵。ゆっくりとした時間を過ごせる場所。って言う感じです。日本では表現できない感じ

外は周りの建物が修復工事しているので素敵な感じはしませんが中に入ると何だかワクワクしました。中は相当広いです。

やっぱり、ゲーテと言えば「名言」です。僕の好きなゲーテの名言を紹介

A person places themselves on a level with the ones they praise.
人は自身のレベルで人々を賞賛する。

All the knowledge I possess everyone else can acquire, but my heart is all my own.
私の持つ知識は誰にも持てる物だが、私の心だけは自身のもの。

Unless you have eaten bread with tears, you do not know the real taste of life.
涙とともにパンを食べたことのある者でなければ、人生の本当の味はわからない。

Anyway, if you start, your heart will burn up, and if you continue, your work will be completed.
とにかく、とりかかれば心が燃え上がるし、続けていれば仕事は完成する。

However, I think that I am right, just walk down the street.
Do not worry about what other people will walk like.

ただ、ひたすら自分が正しいと思う、道を歩けばいい。他人がどのような道を歩こうと、気にしてはいけない。

Think about whether you can live without losing your dream.
その夢を失くして生きてゆけるかどうかで考えなさい。

We yearn for highness, but I am indifferent to walking.
I want to walk on a flat road while hoping for the mountains.

我々は高みに憧れるが、歩き出すことには無関心だ。山々を望みながら、平らな道を歩きたがる。

そして最後に、、

Are you seriously alive?
君は本気で生きてるかい?

今度はもう少しゲーテを勉強してから、この地を訪れたい。

小野和彦

現在トップ飲食チェーンに創業の頃に入社して社長側近で20歳代で人の教育と現場の責任者を行う。部下数は27歳で5,000人を超えていた。

上場前に30歳で独立して皆さんのよく知る大手チェーン、道路、鉄道インフラ店舗コンサルティング、公的機関、海外飲食店舗、個人店まで幅広くコンサルをする。

セミナー本数は3,000本を超える。

現在

第一線で25年間やってきたコンサルティングの仕事を辞めて、「豊かな人生の生き方」を提案して活動している。

コーチ、経営意匠プランナー、エデュケーター、イラストレーター、旅人、ブルベイスト、パワーブロガー、人事スペシャリスト、スマイルメーカー、投資家、ourboat主宰、トップBC主宰、心と身体の音響調律イーマ調律師、健康研究家 様々な顔を持つ。

教授した人間は30,000人を超えている。

シェアする

フォローする

    【PR】 高級車を波乗りのように乗り換えていくサービス『Surf Car』。誰もが憧れる高級車(ベンツやBMW、フェラーリなど)を初期費用0、月々5万〜で新車に乗ることが可能です。 https://goo.gl/1QPFzn 3年毎に車を交換するので、車検費用が0で3年毎に新車に乗り換えられる画期的なサービス。 勿論更新費用は0。月々の負担額を変えることなく、新車に乗り続けられるので、『最初の3年はベンツのセダン▶︎次の3年はBMWのオープンカー』というような夢のカーライフが送れます! 【Surf CarのPOINT】 1:初期費用なし。 2:憧れの高級車の新車に乗れる。<月々費用もサラリーマンが手が届く範囲 4:車検費用の負担なし 5:経営者は経費に組み込むことが可能 6:3年毎にお好みの新車に変えられる。 https://goo.gl/1QPFzn    
コメントの入力は終了しました。